投資銀行の転職に役立つエージェントは?

投資銀行の転職エージェントランキング!

このサイトでは、投資銀行への転職を希望している方におすすめの転職エージェントランキングをご紹介しています。ぜひ参考になさって下さい。

投資銀行の転職ならココ!

リクルートエージェント
対応エリア全国
料金無料
会社名株式会社リクルートキャリア
オススメポイント
  • 業界通のコンサルタントが集結!リクルートグループのリーディングカンパニーの一つです。
  • 投資銀行などのハイスペック求人も。希望にあった転職の実現をサポートしています。
  • 求人案件の9割以上が非公開求人。独占案件も豊富で転職の可能性が広がります。
詳細・登録はこちら
DODA
対応エリア全国
料金無料
会社名株式会社インテリジェンス
オススメポイント
  • 投資銀行業界に精通した専任コンサルタントが転職活動をトータルにサポートします。
  • 独自の会社説明会を実施。独占非公開求人も豊富でより有利な転職を実現できます。
  • 有名企業を含めて2万件以上の求人情報!各企業の労働環境情報も提供しています。
詳細・登録はこちら
マイナビエージェント
対応エリア全国
料金無料
会社名株式会社マイナビ
オススメポイント
  • マイナビグループの営業力を利用。外資系から日系まで投資銀行案件も豊富です。
  • 定期的に多数の求人案件を紹介。コンサルタントが最適な案件を厳選してくれます。
  • 大企業だけでなくベンチャー企業も取り扱い。有望株企業への転職をサポートしています!
詳細・登録はこちら

狭き門である投資銀行への転職を成功させるには

平均想定年収が高く、仕事のやりがいにおいても魅力的な投資銀行に転職するというのは、とてもハードルの高いことです。まずは投資銀行に求められる人材の要素について知っておくことで、より効率的に転職活動の準備を行なうことから始めましょう。

投資銀行に転職する際の年齢は、同業他社の投資銀行や投資銀行部門での勤務がすでにある場合は特に制限はありません。一方、投資銀行での経験のない人の場合はゼロからのスタートになりますので、転職を成功させるためにはやはり若い年齢であることが大きなポイントになります。この場合、30代前半までが対象とされますが、30歳をこえると採用基準がより厳しくなるとも言われています。ただし、海外の大学でMBAを取得していると有利に働くことが少なくありません。

また、学歴についてもハードルがあります。国内の大学であれば誰でも知っているような有名大学の出身であることが、転職活動の際の書類選考では求められます。もし有名大学の出身でなくても、MBAの資格を取得していると例外的に書類選考をパスすることができるケースもあります。アメリカでトップ15に入る名門大学のMBAスクールに通っていたり、ヨーロッパのトップ5に入るMBAスクールへの通学実績があったりということも有利とされます。

これまで投資銀行での勤務経験がない場合でも、パワーポイントを使ったドキュメント作成スキルが高いことや、ファイナンスに関する専門的な知識があることで、未経験での転職を成功させる可能性は高まります。具体的には、M&A専門のアドバイザリーファームの出身や、戦略コンサルティング企業などにおいて、バリュエーションなどの案件を担当した実績のある人であれば、投資銀行への転職をスムーズに進めることができます。

また、取り扱う案件のグローバル化に伴い、高い英語力があることも投資銀行への転職においては必須とされています。英語がネイティブレベルであることは、海外の投資銀行のマネージングディレクターとの交渉などにはどうしても必要とされますし、外資系の投資銀行への転職活動においては、当然ながら英語でのインタビューに対応できなければなりません。

これらの条件をクリアしていれば、投資銀行への転職をより有利に進めることができるようになります。転職案件の多くは転職エージェントに非公開求人として提供されていますので、転職エージェントを賢く利用することによって効率的な転職を行なうことができるようになります。